チャイルドシートはしっかりと固定する

法律の改正によって近年では自動車に6歳未満のお子さんを乗せる場合では、いくつかの特例はありますが、必ずチャイルドシートを設置し、子供をシートに乗せることが義務化されています。

 

シートは様々なものが各メーカーによって発表されており、機能性やデザイン性などを考慮して自由に選択することが可能とされています。そんな中、お子さんの安全性を考えてシートを購入した場合でも、例えば後部座席に置いたまま、シートの上に子供を乗せて運転してしまう方もいます。

 

このケースでは、状況によっては逆に危険が生じることにもなるために、しっかりとシートを固定することが何より大切になります。固定方法に関しては、シートの説明書によって知ることができ、種類によっても方法は変わります。

 

しかし、多くの場合で自動車に設置されているシートベルトを利用して固定するタイプが一般的に用いられているために、比較的簡単に装着することができます。固定する際には、一定の体重をかけて押しながらベルトを締めることを必要としているものが多いのですが、安全を優先させることが何より重要になるために、利用することを必要とされている方の場合では、事前にシートを取り付けるための練習を行っておくことも必要なことと言えます。