自動車を公道で走行させるためには、他の車両も存在しているために、一定の運転技術というものを必要としています。

 

よく言われることのある内容には、急の付くことはできるだけ避けるという項目があります。

 

例えば急発進をしないことや、急加速をしないこと、急ブレーキを掛けないことなどは公道での走行では大切な行動になります。現在では特に低燃費走行というものも普及しているために、一定速度を保ったままの状態で、なるべくブレーキを掛けない運転を心掛けることも良い方法とされています。一般的な市街地では、常に前方を確認して早めの行動をとるということが必要なシーンもあります。

 

例えば2車線道路で右側を走行している場合に、前方の車両が右折を行うためにウインカーなどを出した際には、事前に察知することが良い方法で、スムーズに左車線に移動することも必要になります。峠や山道などを走行している場面では、下りカーブなどを走行することもあります。そのシーンでは、エンジンブレーキを上手に利用することも必要とされていて、特に路面状況が濡れている場合や、積雪路面の場合では注意して走行することが求められています。

 

また、運転する姿勢についても大切な項目となり、常に正しいポジションを保つことが必要です。